羽アリと地震の関係は、科学的な根拠はないようですが、
ドイツのデュースブルグ・エッセン大学の研究者が3年間、ヨーロッパに多いアカヤマアリを研究したそうです。
アカヤマアリは普段は日中に活動をして夜間は巣の中で過ごしているが、
地震の前日は、夜間に巣から出て活動をしているらしいです。

羽アリの多くは、巣の別れのために飛び立ちますが、
生命の危険を感じると、飛び立つことがあります。

もし、本当にアカヤマアリが地震を予知する能力があるとすれば、地震が前触れでアカヤマアリの羽アリが発生するかもしれませんね。

ただし、アカヤマアリは、ヨーロッパーに広く生息している蟻で日本にはほぼ生息していないそうです。

羽アリと地震との関係は、よくわかりませんが、

シロアリと地震は関係があります。

某大学の研究所が実施したある地震の調査の報告によると、

倒壊した家屋のおよそ8割が、シロアリ被害や木材腐朽との直接的な関係あるとのことです。

羽アリは、シロアリの営巣が原因で発生することもあります。

3~7月頃にかけて、家の中で大量の羽アリを見たときは、シロアリの可能性が高いです。

早めにシロアリ調査を行って対策を検討されることをお勧めします。