羽アリはシロアリなのか・・

シロアリは羽アリなのか・・

きっと、
頭が混乱される方もいるのではないかと思います。

ここでは、羽アリとシロアリの違いや関係についてわかるように

羽アリとは何なのかについて説明します。

羽アリとシロアリの関係について

羽アリとシロアリの関係について説明します。

羽アリとは

「羽アリ」とは、

シロアリやクロアリがその生活サイクルの中で

巣別れを行う時期に、羽を生やしたものをいいます。

つまり、羽アリは、「シロアリ」または「クロアリ」であるということです。

ただし、

シロアリとクロアリ、名前はよく似ていますが、同じ仲間ではありません。

シロアリは家の柱を食べてしまいますが、クロアリは家は食べません。

羽アリの種類とその発生原因によっては、
状況を放置しておくと住んでいる家が傾いてしまったりと大変なことになる可能性もあるということです。

羽アリが家の中で発生したら、
まずは、何の羽アリなのかを調べることから始めましょう。

参考:羽アリの種類と見分け方
参考:羽アリが発生したらやるべきこと

シロアリとは?

シロアリとは、皆さんがよく見る「蟻」ではありません。
黒蟻は、主に糖類を餌としていて昆虫学上では蜂の仲間ですが、
シロアリは、昆虫学上ではゴキブリに近いグループで、
木材中にあるセルロースという成分を栄養として生きています。

シロアリは、自然界の中では、枯れ木や倒木などを餌として生きていますが、
シロアリには家の柱や土台と枯れ木との違いが判らないため、
家を餌場と勘違いして、人間の住む家に営巣することがあります。

シロアリが営巣してしばらく時間が経って巣がある程度成長すると、
一年のある時期に、
一部のシロアリが羽を生やして一斉に飛び立ちます。

家を営巣している場合には
壁や天井の隙間から、大量の羽アリが出てきて室内を飛び回ります。

羽アリは、
光に集まる傾向がありますので、夜間であれば、照明に集まってきます。

特に暖かい季節の夜に窓を開けていると、
家の近くで発生した羽アリが窓の光に寄せられて部屋の中に入ってくることがあります。

シロアリの羽アリであれば要注意!

家の中で羽アリを見たら、シロアリかクロアリかを確認しましょう。

羽アリが羽を落としているとシロアリの可能性が考えられます。

家の近くでシロアリが営巣していて飛んできたのか、
家の中にシロアリが営巣していて発生しているのかのどちらかです。

シロアリの羽アリは、羽を落とした後は雄雌が対になって地中にもぐって繁殖を始めます。
やがて、子たちが餌場を探して回るのですが、
誤って、家を餌場と思い営巣することがあります。

新築後、シロアリ対策は定期的に行う必要があります。
シロアリ被害のみられる家のほとんどが、定期的なシロアリ対策を行っていない家です。

羽アリはシロアリ被害の予兆、
5年以上シロアリ対策を行っていない家は、専門の業者に対策を相談しておくと安心です。